【展覧会企画】木村華子 個展  [ ] goes to Gray 



今、世界が混乱している。そう言われてまず思いつくのは現在私達の日常を奪う「パンデミック」だろう。2019年の終わりと共に発生され、またたく間に世界を脅かしているCOVID-19は2021年の今も終息の目処がつかないままだ。


そんな誰もが想像しえなかった非日常が起きている中、我々が生活をしているここ日本でも同じことが言える。政府の対応により、今までの当たり前の生活を自粛し感染被害を拡大しないように行動するもウイルスの猛威は止まらない勢いだ。そんな状況の中でも社会は回り続けており、我々は生きている。


この状況を変える手立ては、誰しもが「正解」を持っており、「不正解」を持っている。まるで、どちらでもなく、どちらかであるような「グレーゾーン」の中にいる感覚のようだ。これは、我々が生きている社会の中で常に存在しており、無意識の中で生まれる事象でもある。これまでに出会った対象や現象も、最初は答えや名前などなかった。それらを認識ができるようになったのは、先人達が生み出したものを我々はバイアスという名のレイヤーを重ねているからだ。


しかしそれらを用いても、対象や現象に対して意見はバラバラに生まれ、結果的に認識は、グレーゾーンに入ってしまう。まるで、対象の周りには白と黒の線が集合し灰色で覆われているようだ。


木村華子は、その言葉にならない現象と向き合い作品を制作している。普段は商業カメラマンとして生業をしているが、この時代に生まれた自身の立場と社会を重ねながら表現活動を行っている。近年は街中の、なにも描かれていない白紙のビルボードを被写体にし、青いネオンライトを施したシリーズ "SIGN FOR [ ]"で、「意味が有ることと無いこと」というメッセージ性を込めた「時代のポートレート」とも言える作品を発表している。


木村はコマーシャルとして写真を扱いながらも、アーティストとしても写真という手段を選んでいるが、本人は2つの立場を肯定しながら活動している。これは、グレーゾーンに木村自身が滞在し今の時代と共存して生きていることを表している。


"SIGN FOR [ ]"は我々にとって「救い」でもある象徴なのだ。


本展では、会場であるKAGAN HOTELの地上と地下のスペースを使い、 "SIGN FOR [ ]"シリーズを展開する。

この二極化された空間に、別々に展示された同じシリーズの作品を鑑賞し終えた後、あるアンケートを答えてもらうことで、本展示のゴールでもあるグレーゾーンに到達するだろう。



展覧会概要


木村華子 個展 「 [ ] goes to Gray 」


会場:KAGAN HOTEL-河岸ホテル-

〒600-8846 京都府京都市下京区朱雀宝蔵町99

HP:https://kaganhotel.com/



会期:2021/09/17(金)-10/17(日) ※会期は金、土、日・祝のみ。

時間:金・土・日・祝 11:30-17:00 


入場料:500YEN 

※カフェ利用、宿泊利用の方は別途割引等あり。


【オンライントークイベント】

2021/10/01 18:00~


配信はkeshik.jp YouTubeアカウントにて配信。


・出演者   

アーティスト:木村華子

キュレーター:黒田純平/keshik.jp



※本展示は、KG+2021参加プログラムです。



※コロナウィルスの考えと対策について


現在流行している新型コロナウィルスの対策として、入店時のアルコール消毒やマスクの着用など予防対策をとった上で開催致します。


また、状況によっては入場制限を設ける場合と開催を中止する可能性もございます。